Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブしました

昨日26日(日)に
東高円寺のkaztouにて
ライブをやった。


30分くらいの時間をもらって
一人でギターを弾きながら歌を歌う。

こんな単純なことなのだが、
本当に楽しくて。

自分の体が
こうした行為に飢えていたのだと
痛感した。


6年前に
音楽を職業にしたくて
ライブ活動をしていたときとは
明らかに違う楽しさがあった。

「やらなきゃ」が「やりたい」に変わった。


そして、
自分は結局のところ
こうした歌を歌うということが
単に好きなんだなってことが分かった。


今後もぼちぼちのペースで
気まぐれに
自分自身のために
楽しく真剣にライブ活動をやっていきたいと思う。


昨日来てくれた人へ
心から感謝。


演奏曲目
1.ない
2.雨雲ジョー
3.Walking on my road
4.星の光
5.チャーリー Go Go
スポンサーサイト

深い河

遠藤周作の「深い河」を先ほど読み終えた。

インドのガンジス河が舞台で、
様々な境遇の人たちが
そこで人生を考えるといった話。

大きなこと(愛とか人生とか)を言っているのに、
信じられないくらいリアリティがあり

読み終えたあとも、
小説の中の世界がぐるぐると
頭の中を駆けめぐっている。


結論から言うと

とっても感動した!


一行一行全て
つまらない所は
一カ所もなかった。


もともとインド旅行の話をしていて、
兄の彼女が
「深い河は読んだ?」
と聞いたのがきっかけ。

無学な俺は、
そんな本の存在すら知らなかったんだけど、
そうして読んでみたわけ。


どうして世の中には
こんなにも人の心に響くものやことが
あるんだろう???

そして、
言葉というのは
ものすごい力を秘めていると
改めて感じた。

ライブします

8月26日(日)18:20~

東高円寺 kaztou にて


ソロで30分くらいのステージです。
お時間がありましたらぜひ♪


30分くらいのステージは
久し振りなので、
緊張もしてるけど、楽しみ。


実に久し振りに歌を作ってみたりもして、
楽しい時間を過ごしてみた。
音楽に出会えた喜びを再認識。


なくした…

俺は性格的に心配性で、
鍵がかかっているか
何回も確認しないと職場にも行けないような人間なのだが…


なんとしたことか、この度

「ケータイをなくす」

という
とても大きな失態を演じてしまった。

ケータイについて
なくなったり
液晶が割れたり
トイレに落としたり
友人達は過去に様々な失敗をしていた。

そして、
その大変さを見るにつけ、
ますます気をつけようと
引き締めに引き締めていたつもりなのだが…


先日は
妻の実家に行って
まあ、あいさつなんかして、

義理の妹と妻と三人で、ドライブに出かけた。

そして、行った先に滑り台とブランコが
あったので、
ちょっと童心にかえって、
いえ~い♪
と遊んだんだけど、
そこで落としてしまったようなんである。

今日は俺は仕事だったので、
お義父さんが車であちこち探し回ってくれて、
奇跡的に滑り台のところで発見。

うむ…
気まずいが
明日取りに行きます。

でも、本当に本当にお義父さんには感謝!!!

買っちゃいました


新しいギター。


まあ、2年ローンして買ったギブソンの音を
愛しているし、
見た目も気に入っているんだが、

ちょっとエレアコが欲しくなってしまって…。


当初は、今もっているギブソンに手を加えて
ラインで出力できるようにする予定だったんだけど、
あとから乗せるピックアップってのは、
弦の振動だけを拾うらしく、
ボディーの鳴りはほとんど関係なくなってしまうとのこと。

また、大きな穴を開けて
本格的に手を加えれば、
ある程度のボディーの鳴りを表現でき、エアー感も
生まれるらしいのだが、
良い音がアンプから出てくるかどうかは、
誰も保障できないという。

つまり、
ドリルかなにかで、
大きな穴を開けてしまうまで、
どんな音が鳴るのか分からないと。
しかも、
その工賃に4万~10万(!)かかるという…



それならば!
ということで、今回
エレアコを探そうということになった。
(長い前置きでした)



やってきました
ギターの聖地「御茶ノ水」
CA331014.jpg



俺はこの駅に来ると
なぜだかものすごく
楽しい気持ちになる。

たくさんの楽器屋が並んでいるのを
眺めて回るだけで、
ちょっとウキウキなのだ。

しかも、
今回は冷やかしではなく
購入目的での訪問ときている。
これはもう俄然やる気。

まあ、
ずいぶん一人で歩き回った。(3時間ちょっと)
何本も試奏した。
新品にするか中古にするかもずいぶん悩んだ。

が、
結局一番最初に見たギターで決定!
何よりも弾きやすさとストロークでの音のまとまり!
あと、なんとなく相性が良かった。

値段はちなみに5万円以下…
まあ、ギターとしては安物の部類。

だけど、
自分の満足度は高い。
結局俺は素人なので、
自分の気に入ったものが買えれば
それが一番なのである。


その日のうちに
小金井公園にて弾きまくり。
う~ん
ますます気に入ってしまった♪


CA331016.jpg


CA331017.jpg

インドについて

牛がたくさんいる。
本当にいたるところに。

誰も気にしない。
誰もとがめない。

CA330854.jpg



本当にカレー王国。
毎食カレー。
不思議と毎食うまい。
辛いという言葉は不要。
全部辛い。

CA330865.jpg



ホンダ車強し。
世界のHONDA

CA330889.jpg



値札のない商店街。
言葉は分からずとも
買い物はできる。
絶対的なものなんてひとつもないって、
また知った。

CA330909.jpg



タイムマシンはあった。
時差という不思議。
3時間半はどこに???

CA330911.jpg



仰天の「手動観覧車」
人が回す。
だけど充分。
最高に楽しい。
今の日本にはいらないものが多すぎる。

CA330916.jpg



火葬されるのを待つ遺体が
無造作に置かれている。
かたわらで、
子どもらは泳ぎ、
若者ははしゃぎ、
老人は祈る。


CA330958.jpg



ガンジス河という巨大な手の平に
小さな小舟でこぎ出すと
それは風呂場に迷い込んだ
羽虫のように
生も死もなく、
ただ
その中で動き回るだけだ。
あっちへ行ったり
こっちへ行ったり、
ただ動き回るだけだ。



CA330956.jpg

オリジナルの夜

無事インドから帰国しました。

インドは本当に不思議の国だった。

道路の片側一車線を牛の群れが通り過ぎていたり、
大都会の大渋滞なのに、信号がほとんどなかったり、
普通にホテルのシャワーから水しか出なかったり。

でも、
そんなことは全て「ノープロブレム」

ここにいちいち悩んでいたら
きっとインドのことが嫌いになってしまうと思う。

むしろ、こんなにも日本と違う世界がある、
ということに楽しさや感動を感じられると
インドは忘れ得ぬ国になると思う。


お約束通り下痢になったが、
本当に素晴らしい国だった。


で、
昨夜のこと。

またラバーソウルでライブしてきた。

今回のイベントは
「オリジナルの歌のみ歌うこと」
という企画だった。

一人2曲だったが、
10人くらいの人たちが
それぞれに自分の世界観なり価値観なりを
つぎこんだオリジナル曲を披露して、
そのパワーに圧倒されながらも
楽しい夜を過ごした。

それに懐かしい友人と再会できたことも
本当にうれしかった。

みんなそれぞれの場所で働いたり悩んだり笑ったりしている
わけだけど、
10年前と変わらないことがあったり、
共通の思い出があったり、
そんなことでこんなにも温かい気持ちになれる。

Extra

プロフィール

伊藤Kすけ

Author:伊藤Kすけ
アコギを弾くのと歌を歌うのが大好き

一児の父としてもがんばってます♪

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。